行政書士・短期合格教材比較・ネットで独学!!のTOPに戻る

     行政書士の業務について

行政書士を開業したら、どのような業務が待っているのでしょうか。



行政書士には、たくさんの業務があります。
内容証明を作ったり、自動車登録を行ったり、建設業許可申請や土木事業の申請などがよくしられているところの業務内容です。



他に、相続や遺産分割協議書の作成なども、ご存知の業務内容ですね。
行政書士事務所のホームページをのぞいて見ますと、
このような業務の請負いが網羅されていますね。



資格取得後、このような業務だけで生計をたてていくのは結構大変です。誰もが知っているような有名な分野は、もうすでに先駆者たちが開拓済みといえます。ライバルが群がっている状態なので、これらだけを専門的に取り扱うのは一考の余地があります。



実は行政書士には、まだまだ開拓されていないたくさんの業務があります。
その中から、競争率が少なく需要の多いものを専門分野とする事が、
資格の一番の有効活用といえるのではないでしょうか。



例えば、医薬品製造許可の申請や離婚協議書作成、
家系図を作る事なども行政書士の仕事の一つです。

また、知的財産関連の業務や法務会系関連の業務は、
他の資格の専門分野と思われがちですが、意外に需要が高いようです。
ご自分にあった業務を探してみてください。




■自動車の登録関係書類や車庫証明申請
■交通事故の損害賠償請求
■飲食店の営業許可申請
■会社設立のための書類の作成
■クーリングオフや債権回収のための■内容証明郵便作成
■遺言書や遺産分割協議書の作成
■各種契約書の作成&議事録作成
■外国人の滞在許可の申請
■農地転用の申請
関連コンテンツ

     行政書士の報酬額って

行政書士の資格を得ただけでは、もちろん生活していけません。 資格を得たからと言って、お客様がすぐに来るわけでもありませんから、 お客様を得たいのであれば、 自分を売り込む営業をしていかなければな・・・