行政書士・短期合格教材比較・ネットで独学!!のTOPに戻る

     行政書士は副業でも出来るの?

行政書士は副業でも出来るの?



他の仕事をしながら、行政書士の仕事を副業でしていくことは、できるのでしょうか
それは、可能と言っても良いでしょう。しかし、あまりお勧めは出来ません。行政書士の主な仕事内容は、役所に提出する書類作成と申請になります。



役所は、土日祝日は休みなので、平日に、しかも、日中に動かなくてはなりません。ですから、平日の日中に自由に動ける仕事が本業であれば、副業として行政書士の仕事も出来ると思います。また、電話などで、依頼して来た方からの問い合わせや相談に対応していく必要もあります。本業の自由度がかなり高くて融通がきかないと、副業で行政書士をするのは難しいでしょう。



さらに、依頼する立場からすれば、他の仕事をしながら行政書士をしている人に依頼するより、行政書士を本業としている人に頼んだ方が信頼出来ると感じますよね。行政書士が本業ではない分、料金が安いとか、何か依頼するメリットがないと、副業でやっている行政書士に依頼しようとは思わないかもしれません。



もちろん、本業が会社員で行政書士を副業にと考えている場合は、会社の職務規程などで副業が禁止されていないことを確認する必要があります。隠していても副業というのはバレてしまうものですから、副業のせいで本業をクビにならないように気をつけてください。本業の自由度が高いなら、収入はあまり期待せずに、行政書士の仕事を副業としてやっていき、経験を積んで自信がついてきたら、行政書士を本業にするというのもいいかもしれませんね。
関連コンテンツ

     行政書士 開業するには

行政書士事務所を開業するには 行政書士の資格を取得し、それを活かすためには、自分で開業するか、 既にある行政書士事務所で働くか、選択肢はおおくはありません。 でも、既存の行政書士事務所で・・・