行政書士・短期合格教材比較・ネットで独学!!のTOPに戻る

     行政書士 開業するには

行政書士事務所を開業するには


行政書士の資格を取得し、それを活かすためには、自分で開業するか、
既にある行政書士事務所で働くか、選択肢はおおくはありません。
でも、既存の行政書士事務所で働こうと思っても、
求人がすくないようですね。



求人が無ければ、行政書士事務所で働くことは出来ませんよね。
そうなると、
行政書士事務所を開業するということになるかと思います。
では、行政書士事務所を開業するには、何が必要なのでしょうか。




まず必要なのは事務所です。
極端な話、行政書士は、事務所さえあれば開業することが出来るます。
ご自宅でも接客のスペースがあればよいのですが。

とりあえず、依頼主と応対の場所があれば、何とかやっていけます。


開業時は、顧客などはいませんよね。
まずは、顧客獲得をしなければなりません。

そこで、行政書士である自分を営業していきます。
自分が専門に行う業務を書いた名刺を会う人全てに渡す勢いで配るのです。
事務所や自宅の近所の方にはもちろん、
友人やお子さんのクラスメイトの親など、
とにかく、たくさんの方に名刺を渡し、
仕事内容を紹介していきます。
さらに、事務所周辺にある弁護士事務所や司法書士事務所などの先生方にも忘れずに挨拶しておくと、仕事を回してくれることもあるかもしれません。また、行政書士の業務は色々とありますが、
全ての分野をちょっとずつやるのではなく、
何かの分野を極めていく方がセールスポイントができますね。
ニーズの多い分野は競争も激しいのですが
得意分野を極めていくようにすると、
継続的な顧客も獲得しやすいでしょう。

もちろん
インターネットは駆使することになります。
TwirtterやFacebookは固より
ブログやウェブサイトなども利用します。

先ほども申しましたように
ご自身の分野を徹底的に掘り下げアッピールした
サイトを作りましょう。
サイト作成業者に頼むのではなく
ご自分で作りましょう。
ブログやSNSと連動したウェブサイトで
頻繁に更新し続けます。
ブログの内容は行政書士の業務に直結したことばかりではなく
人柄があらわれるような日常的なことも綴っていけば
継続できるのではないかと思います。

サイトの作りは
取りたてて洗練されたものでなくてもかまいません。
テンプレート(ひな形)付きの解説書で学習すれば
数日で完成できます。
ただし何を盛り込むかが重要ですから
そのあたりは準備しておかなければなりません。

行政書士業務とインターネットのかかわり方につきましては
いずれ詳しくお話しさせていただきたいと考えています。

初心者むきに書かれたウェブサイト作成に関する本と、
サイトの露出テクニック(SEOとかPPCという手法※)をやさしく説いた本は
読んでおきましょう。

※SEOに関する初心者向き参考書の例



SEO: Search Engine Optimization、
GoogleとかYahoo!などの
検索結果でより上位に現れるようにウェブページ作ることとその技術。

PPC:Pay Per Clic
検索エンジンなどに掲載されるクリック課金方式の有料広告。
関連コンテンツ

     行政書士は副業でも出来るの?

行政書士は副業でも出来るの? 他の仕事をしながら、行政書士の仕事を副業でしていくことは、できるのでしょうか それは、可能と言っても良いでしょう。しかし、あまりお勧めは出来ません。行政書・・・